仏前式に参加する場合のマナー

仏前式に参加する場合のマナー 三三九度というのは、挙式を神前式で行う場合に挙行される儀式のひとつです。なお、実際の挙式においてはその名では呼ばず「三献の儀」と称されるのが一般的です。
そんな三三九度を行う背景には、新郎新婦が盃を交わすことで契を結ぶ、という意味tが込められてます。その由来は、室町時代の武家礼法にまでさかのぼることができ、その礼法が江戸時代に庶民に広がり婚礼の儀式として行われるようになり、今なおその伝統が残った結果と言われています。
その具体的なやり方は、一の盃を新郎新婦新郎の順番で行い、二番目については逆の順に三の盃は一と同じ順番で行います。ただ、本来はこのように三段に重ねられた盃を上から順番に交互に三回、合計九回いただく作法に由来してこの名が付けられましたが、現代ではそれぞれの盃を新郎新婦が1回ずつ飲むスタイルをとることが多く、和の人前式を行う場合のセレモニー的な要素として取り入れることが多い存在になりつつあります。

神前タイプの挙式で行われる三三九度とは?

神前タイプの挙式で行われる三三九度とは? 三三九度というのは、挙式を神前式で行う場合に挙行される儀式のひとつです。なお、実際の挙式においてはその名では呼ばず「三献の儀」と称されるのが一般的です。
そんな三三九度を行う背景には、新郎新婦が盃を交わすことで契を結ぶ、という意味tが込められてます。その由来は、室町時代の武家礼法にまでさかのぼることができ、その礼法が江戸時代に庶民に広がり婚礼の儀式として行われるようになり、今なおその伝統が残った結果と言われています。
その具体的なやり方は、一の盃を新郎新婦新郎の順番で行い、二番目については逆の順に三の盃は一と同じ順番で行います。ただ、本来はこのように三段に重ねられた盃を上から順番に交互に三回、合計九回いただく作法に由来してこの名が付けられましたが、現代ではそれぞれの盃を新郎新婦が1回ずつ飲むスタイルをとることが多く、和の人前式を行う場合のセレモニー的な要素として取り入れることが多い存在になりつつあります。